製品情報

1パス用砂式ろ過装置

井水処理システム │ FRP製ろ過装置 ADTシリーズ │ 精密浄水装置(SYP型) │ サンドセパレーター(MCS型) 

井水処理システム

FRP製ろ過装置 ADTシリーズ

仕様

最高使用圧力 294kPa(3kg/cm2
最高使用温度 50℃


特長

耐蝕性に優れる!!
ろ過器本体がFRP製なので、処理水が温泉水や海水でも錆・腐食の心配は全くありません。
このため、ろ過器本体による赤水現象は全く起きません。

耐圧性に優れる!!

ろ過器本体の構造体であるFRPは、FRPシート多層ライニング工法で製作されています。
このため、他の製造方法のFRPに比較し1.5倍以上の高い強度 (引張強度21kg/mm2以上、大阪府立産業技術総合研究所における試験結果)を有しています。

耐オゾンFRPを採用!!
耐オゾンFRPを採用(通常使用するオゾン水濃度の約100倍、10ppmで 実証試験済)していますので、オゾン併用のシステムでもろ過器の材質を考慮しなくても安心して御使用頂けます。

いつまでも美しい外観!!

ろ過器の外面はトップコートに被われ耐候性に優れていますので、いつまでも美しい外観を保ちます。

型式と機種

小型(460Φ)から大型(2550Φ)まで13機種と多く、処理水量に応じて自由に選択できます。
逆洗操作方式は、手動タイプがPVC製5方弁式と自動タイプが3種類(PVC製5方弁式・SCS製5方弁式・ 電動バタ弁多弁式)が標準装備されており、原水水質・使用目的に応じて選択できます。

用途別シリーズ

■除濁ろ過装置 ・・・ADT-FS型シリーズ

井水・河川水の除濁に広く使用されている代表的なろ過装置です。
ろ過方式は、アンスラサイト+硅砂の複層ろ過方式を採用しています。
ろ層全体を有効に利用し濁質を大量、かつ精密に除去する構造ですので、長時間安定なろ過を可能にしています。
飲料水・工業用水・雨水・温泉水のろ過や、イオン交換・海水淡水化装置・純水装置の前処理・排水の三次処理など多用途に使用されています。

■活性炭ろ過装置・・・ADT-FC型シリーズ

活性炭ろ過装置は、飲料水の脱臭・遊離塩素の除去・COD・BOD・酸化鉄・色度・濁度の除去や 純水装置の前処理など用途は多様です。
ADT-FC型に使用している活性炭は、硬質のココナッツチャコールを原料とする破砕状の高品質の活性炭で 吸着量が大きく、脱臭・脱色力に優れています。
ろ過材質がSUSの場合は、活性炭との間で電食腐食を起こす恐れがありますが ADT-FC型は、ろ過器材質がFRPのため、その心配は全くありません。

■除鉄・除マンガン・・・ADT-FI型シリーズ

地下水には、その地質環境により鉄分・マンガン分が多く含まれている場合があります。
鉄は一般に重炭酸第一鉄として、マンガンは同じく重炭酸マンガンとして存在しています。
見たところ無色透明ですが、空気に触れて時間の経過とともに酸化され、鉄は褐色にマンガンは黒褐色になってきます。
鉄やマンガンを含んだ水は、飲料水では濁度や色度・異臭味の原因になります。(飲料水の水質基準では、鉄が0.3mg/L以下 マンガンが0.05mg/L以下と規定されています。)
工業用水では、製品の着色・変色などの悪影響や配管の詰まりなどの障害を引き起こします。
ADT-FI型除鉄・除マンガン装置のろ材はセラミックを母材とし特殊加工をほどこした接触酸化ろ材を採用しています。
鉄は、空気または次亜塩素酸ソーダなどの酸化剤の注入により比較的簡単に酸化され除鉄効果を上げます。
しかし、マンガンは酸化剤の注入だけでは簡単に酸化されず、触媒作用をもつ特殊ろ材に接触させることにより 酸化を促進し除マンガンを可能にします。
直列2塔ろ過方式を採用します。
1塔目で除鉄を、2塔目で除マンガンを行います。またフミン質などの有機分の多い場合は、1塔目で除鉄・除マンガンを行い2塔目(活性炭ろ過)で有機分の除去を行います。


精密浄水装置(SYP型)

特長

  1. 良好なろ過水質が安定して得られる。
    膜表面の孔が0.01μmと微細で微粒子や懸濁物、菌類、ウイルスに対しても高い阻止性能を示します。
  2. 安定したろ過水量が得られます。
    膜表面が緻密で平滑化しているため汚れが付着しにくく、洗浄の回復性にすぐれているため、長期の安定運転が可能です。
  3. 繰り返しの空気洗浄及び逆洗に対する耐久性があります。
    膜素材に高重合度ポリアクリロニトリルを使用しているため、十分な強度・対屈曲疲労性を有しています。
  4. ランニングコストの低減が計れます。
    外圧型全ろ過方式のため、水の有効利用が可能となるとともに、エネルギーコストの節約が可能です。
  5. 広範な用途でご使用いただけます。
    使用可能pH範囲が広く、耐薬品に優れています。(運転時2~10)


型式と仕様


サンドセパレーター(MCS型)

特長

1.コンパクト設計にもかかわらず除砂能力が優れている。
2.源水送水ラインに取り付けるため、新たにポンプは不要。
3.除去された砂は下部の砂留槽に入るため、取り出しが簡単に行える。
4.構造がシンプルなため、詰まったりのトラブルが発生しない。

機能

サンドセパレーターはサイクロンの原理により井戸水等を汲み上げたときに随伴する砂粒を除去することを目的とした装置です。 砂粒は比重が重く、急速ろ過装置のろ床を形成するろ材よりも、粒径が同じで比重が重い場合にはそのまま急速ろ過装置に入ってしまうと逆洗を行っても系外に排出することができません。 したがって、これら砂粒はろ過装置まえで除去するのが好ましいといえます。ご要望に合わせた特注品も承ります。


型式と仕様

 

©2005 ASUKA CO.,LTD . All rights reserved.